So-net無料ブログ作成

抵当権抹消の登記申請をしました [最近の出来事]

退職して5ヶ月目。(´-ω-`)

未だに無職中ですが、色々考えた末に、住宅ローンを期限前完済してしまうことに決めたのが年末のこと。

その後、完済も完了し、銀行から抵当権抹消に必要な書類が一式届きました。

通常なら、ここで司法書士に申請を頼むところですが、それなりに費用がかかるため、無職の身にとってはもったいない&時間があるので、自分でやることにしました。

今の時代、助かるのは、ネットに色々と情報が転がっていること。

早速、法務局からダウンロードした抵当権抹消登記申請書のサンプルをベースに、ネットの情報と送られてきた書類をもとにして、登記申請書を作成しました。

通常は、敷地1つと居宅1つで、登録免許税が2000円ということが多いですが、私の場合、2つの敷地にまたがるマンションで、居宅と車庫と、建物が2つあるため、登録免許税の計算がわかりにくく、法務局に電話して相談したところ、(敷地権2つ+建物2つ)×1000円=4000円とのことでした。

それさえわかってしまえば、後は大して難しいことでもなく、情報収集と電話と申請書作成までで4時間程度でおわりました。
それが10日の夜のこと。

さて、12日には法務局(の出張所)に行こう・・・と思っていたところ風邪をひいてしまったため、結局13日になってしまいました。

まだ少々体調が思わしくはなかったのですが、後で後でとなると、気がついたら銀行から送られてきた書類の期限の3ヶ月を過ぎてしまいそうなので、行ってきました。

法務局からダウンロードした申請書のサンプルと、ネットの情報を参考にしつつ登記申請書を作成したとはいえ、やはり内容が心配なので、相談窓口で相談することに。
登記申請書を渡すと、コンピュータで建物の情報を検索して付き合わせたりしながら、内容をチェックしてもらえました。

1カ所不備があり、訂正して訂正印を押しただけで、あとは問題ないとのことで、相談係の方が、必要な場所に判子を押してくれて、申請書が完成。いや、ほぼ完成。
その後、4000円の収入印紙を購入し、用意しておいた収入印紙の台紙(白紙でもOK)に貼り付けて完成。

あとは窓口に提出して終わりです。

特に不備がなければ、18日には完了とのことで、受け取りに行ってきます。

今回は、私(権利者)の住所変更がなかったので単純でしたが、住所変更があるとその手続きも必要になるようなので、やっかいそうです。

将来的に、また不動産を購入する・・・なんてことがあるかどうかわからないので、この経験が活きることは滅多にないと思いますが、なかなか興味深い経験でした!!




いぬのきもち&ねこのきもち
ソニーストア
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。